お父さまとお母さまの再会の宿り木

神代杉で位牌(霊牌)を製作させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この神代杉は樹齢1500年の杉の巨木が2600年前の
秋田県の鳥海山の噴火の際に埋まり長い年月をかけ
土中の成分が黒く染め上げた黒神代杉です。

 

 

しかも先端が土と接して尖った2つと無い珍しい部分です。

旦那様がお亡くなりになり無宗教でお葬式をあげたため
お仏壇もなく遺影とお線香立てしかありませんでした。

ネットで位牌を検索していたら何故かうちのホームページ
が出てきたそうです。

ホームページには位牌の「位」の字も書いて無いのに不思議です。

僕は昔から「自分は先人と今を繋ぐ役割がある」と漠然と感じているので
とても光栄なご依頼でした。
旦那様が好きだった「仁」という文字を彫り
日本画で使う天然の石を砕いた岩絵具、3種類を
膠(にかわ)に混ぜ緑青(胴の青さび色)に仕上げ
最後にたっぷり椿油を染み込ませました。

奥様も涙を流して喜んでいただき
ほんとうに嬉しかったです。

旦那様が遺書に書かれていた

「生まれれ変わって再会したら
今度はたくさんの所に連れていくよ」

という言葉が忘れられません。

ご冥福をお祈りいたします。

 


コメントをどうぞ